医師紹介


院長 木之下徹

kinoshita03いま大勢の軽度認知障害・認知症の人々が この社会で暮らしています。
軽度認知障害・認知症は誰でもなる可能性があります。
軽度認知障害・認知症=絶望ではないはず。
軽度認知障害・認知症とともに新たな暮らしをわたしたちは創れるはず。

当院ではさまざまな医療機器を装備し、認知症の人や認知症のことが不安な人に必要な検査をタイムリーに行い、医療情報とあわせて生活に役立つ情報をお伝えします。軽度認知障害・認知症とともに誰もが希望あるくらしを。わたしたちは自分の人生を希望をもって生きることのお手伝いが出来ればと願っています。のぞみメモリークリニックはこの「希望」から命名しました。みなさまにとって身近な場となることを。いつでもご連絡下さい。お待ちしております。

⇒ 木之下徹をもっと知る(クリック)


非常勤医師 繁田雅弘

shigeta001
最近は、認知症を心配して医療機関を訪れる人が増えました。しかし症状が軽い段階では、正常(老化)と異常(病気)の区別が難しいのです。しかも、後に病気を発症する可能性を否定できません。だから病気でないことが分かっても、安心できない人も多いのです。その不安は医療の対象でないと言う人もいますが、私はその不安を支える医療者でありたいと思います。

そして診断がなされたら、服薬や介護保険のサービス利用だけでなく、病気との出会いを見守ったり、病気との付き合いを支えたりする医療でありたいと思います。また、認知症の有無を問うことなく、認知症の人にも、認知症でない人にも優しい社会を目指して、認知症の人や家族やその支援者たちと、力を合わせる医療でありたいと思います。
⇒ 繁田雅弘をもっと知る(クリック)


非常勤医師 神戸泰紀

非常勤医師 亀山洋