認知症の症状、っていうけど その3


最初は、小さな変化だった。

ここで前回の抗精神病薬の問題で、誤解を生まないようにちょっと追記。
「症状」をはたして、やみくもに、抗精神病薬で抑えるべきなのか。たんに、副作用が出やすいから、という問題だけではない。つまり、全く副作用のない抗精神病薬が開発されても、この問題は変わらない。そういう視点で述べています。そもそも、そういう薬、って作用ってなんなの?って話もあるしね。薬に罪はない。でも、そういう視点で、薬ができたってねえー??、という話でもある。本人のためでなく、家族のために飲む薬、って発想だよね。副作用とかリスクは本人が引き受ける。その違和感。なんとなし、明記したほうがいいかな、って思って。また、くわしく、どこかに書く。

ぼく:「どーぉ、ちょーし!」
施設に往診にいき、受診者に声かける

すると横から、スタッフが、いう。
スタッフ:「先生!、〇〇ちゃん、大声出すんです。」

なぜか、〇〇ちゃん。
ぼくなら、年下から、そう呼ばれたくはないね。
まっ、いっか。
ここは深掘りしない。

で、目の前のその人。
にこやかに椅子に座っている。
ぼく:「えっ、いま、にこにこ、してるじゃん。」

スタッフ:「さっきまで、大声で、騒いでたんです。」
「〇〇ちゃん! さっき、大声で騒いでたでしょ!」
「ったく。先生がくるときにはおとなしんだから。んもー。」
「先生に、みせてあげてよ!。さっきみたいに、はい!、大声出してみて!」

このセリフ。
うそのような、ホントの話である。
ぼくが、あんまり、スタッフに共感するような感じでないから、かなあ。
「すっごく大変だった」というのを、ぼくに少しでもわかってほしかったんだろうね。
まあ、ぼくの態度にも問題あり、だな。

とりあえず、大声出させようとしているスタッフに、
ぼく:「まあ、まあ、ちょっと、待っててね。」

どういう薬で解決できるか。
・・・。
でも、ここは、慎重に、考える。
・・・。
っていうか、わからないことは、人に聞くのが一番。
ぼく、えらい先生に、電話する。

昔は、こういう場合は?、んじゃ、こういう場合は?という具合に。
ともかく、いちいち、ぼくは、えらい先生に聞いて、教えてもらった。
だって、教科書なんて、ないんだもん。

ぼく:「先生、お忙しいとこ、すいません!」
「いーすっか。いまちょっと」

えらい先生:「おっ。いーよ。」

ぼく:「あっ、すいませーん!」
「んで、施設の人で、大声で、周り困ってんすっ。」
「でも、大声でメジャー ってないっすよね。」

このメジャー、というのは、メジャートランキライザー、つまり、おとなしくさせる薬、統合失調症の薬、抗精神病薬のことである。

えらい先生:「だな。大声でメジャーって、ねぇーな。」
「徘徊とかも、そうだぞ。おまえ、だすなよ。ダメだぜ。きかねぇーし。」
「それどころか、抗コリン作用とEPSだすだけだからな。」

ぼく:「おいそがし~とこ。あざーすっ!」
なんども電話するうちに、だいたい、答えはわかってるけどね。
でもね、それでもいいんです。
ぼくにとっては。
なんとくなく、困ると、人の声を聞きたくなるもんで。
これで、ぼく、落ち着くんです。


そこには、まだ薬で、解決しようとする自分がいた。


カテゴリー: 認知症の考え方