水谷佳子看護師が「アルツハイマー病研究会」で発表しました


4月20日に東京で開催された、アルツハイマー病研究会・学術シンポジウムに参加してきました。全国から認知症の専門医が集う、とても権威のある大会です。

~認知症の人の生きづらさに寄り添う~と名付けられたセッション
今年で20回という節目の年

そこで、少し変わった、でもとても心に残る発表をしたのが、当院の看護師、水谷佳子です。

水谷は、看護師として、リンクワーカーとして、当院を受診された方たちのお話を聞き、暮らしの相談に乗ってきました。

ただ診察だけで終わるのではなく、話し相手になってちょっとした疑問・質問をぶつけてもらったりときには気晴らしに一緒にお出かけしたり、そんな付き合いを受診者さんと続けてきました。

その様子を、飾らずに発表したのです。

発表する水谷佳子看護師

タイトルは、「生きていかなきゃ、じゃん」。――会場の医師たちの心に響いたようです。

たとえば、こんなお話。

当院に通っているさくよさん(仮名)。ある日、さくよさんと話をしていると、少し白髪が目立つことに気づいたそうです。すると、さくよさん「毛染めに行っていいかわからないから、ずっと遠慮しているのよ」。なかなかそういうことって、診察室で先生に聞くのは勇気のいること。そこで水谷さんが一声かけて、先生から話をしてもらったそうです。すると、次にお会いしたとき、さくよさんは、ずっと我慢してきた美容院に行って、気持ちもぱっと明るくなったそうです。

水谷看護師「診察室で先生と面と向かっているときには聞けないこともあるし、診察室での先生のお話がぴんときていないな、というときもある。そんな時に、私があとでそっとお話したりするんです」。

こんな何気ないお話ですが、会場にいた医師たちは真剣な顔で聞き入っていました。診察する側からは思いも寄らない受診者さんの姿が、そこにあったようです。

水谷看護師の話が終わると、会場は大きな拍手に包まれていました。

こんな、ひとりひとりのちょっとした一言や、言葉の裏にある感情にまで思いを至らせることができる、そんなクリニックを目指しています。

文責:平田知弘


カテゴリー: 未分類